top of page

5月30日(日)

|

ドルナッハ修道院教会

ドメニコ・マリア・ドレイアーらによるソナタによるマチネCDプレゼンテーション

美しい新作CD「SonatasforRecorder」を発表。 午前10時30分からのチェックアウト 大人CHF30 学生と見習いCHF20 子供と若者CHF15

入場券は販売しておりません
他のイベントを見る
ドメニコ・マリア・ドレイアーらによるソナタによるマチネCDプレゼンテーション
ドメニコ・マリア・ドレイアーらによるソナタによるマチネCDプレゼンテーション

日時・場所

2021年5月30日 11:00

ドルナッハ修道院教会, Amthausstrasse 7、4143ドルナッハ、スイス

イベントについて

昨年10月、2人のミュージシャンIsaac Makhdoomi(リコーダー)とSebastian Bausch(ハープシコード)は、スイスの有名なレーベルProsperoClassicalのバロック音楽の世界初演をCDに録音する特別な機会を受け取りました。

フィレンツェのドイツ人、ドメニコ・マリア・ドレイアー(ca.1700-ca.1735)による8つのソナタすべてがこのCDで聞くことができます。このCDは現在、コンサートの一部として提示され、コンサート後に販売されます。

ドメニコ・マリア・ドレイアーの音楽に加えて、彼のイタリアの同時代人フランチェスコ・マリア・ベラチーニとアッツォリーノ・ベルナルディーノ・デッラ・シアイアの作品を聞くことができます。

アイザック・マクドゥミはドルナッハで育ち、チューリッヒ芸術大学でモーリス・スティーガーとキース・ボーケに師事しました。 Sebastian Bauschは、Schola Cantorum Basiliensisを卒業し、Jörg-AndreasBötticher、Wolfgang Zerer、EdoardoTorbianelliに師事しました。

二人のミュージシャンは学生時代(2008年)から一緒に演奏し、国内外で多くのコンサートを行ってきました。何年にもわたって、古楽器の演奏慣行に従い、細部に細心の注意を払って、偉大な巨匠によるバロック作品を解釈するための独自のアプローチが登場しました。

このイベントをシェア

bottom of page